So-net無料ブログ作成
検索選択

国会議員バンドのライブに700人…Gi!nz(スポーツ報知)

 自民党の林芳正参院議員(49)が14日、都内のホテルで、国会議員バンド「Gi!nz」(ギインズ)によるライブを行った。「キャサリーン」「少しの勇気」などオリジナル曲8曲、アンコール2曲などを含む計13曲を披露。「(落選中の)小此木(八郎)さんのため、きょうはバッジを外して来た」(浜田靖一氏)。軽妙なトークと想定以上のクオリティーの高い演奏に、約700人が聴き入った。「クリスタルキング」のムッシュ吉崎氏も参加。林氏は「本当に気持ちよかった」と、達成感を見せていた。

殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)
<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)
<盗撮>駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉(毎日新聞)

銅線2.3トン盗難、売却直前で放置 神戸新交通(産経新聞)

 被害にあったのは、同社ポートアイランド線車両基地内(同区)の倉庫脇に置いていた使用済みの剛体トローリー線。同社によると、ポートライナーの車体に電力を送るための銅線で、売却処分にする予定だったため、屋外に放置した状態だった。3月15日には現場に置かれていたことを確認しており、なくなっているのが分かった同月31日までの間に盗まれたとみている。

 同社は「敷地の扉を機械警備していたとはいえ、(銅線は)屋外に放置した状態になっており、管理が不十分だった」としている。

【関連記事】
車両基地から銅線2300キロ盗難 神戸新交通が被害届
重文「金銅透かし彫り冠帽」の銅線が脱落、岡山の美術館
「銅」需要の回復 待ち望むチリ
携帯基地局ケーブル切断、ソフトバンクも
携帯基地局3カ所でケーブル切断 神奈川

3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機−ヒーター故障で過電流? (時事通信)
<金沢切断遺体>韓国・済州島出身の女性と判明(毎日新聞)
日本人38人乗りバスが衝突=オーストリア、全員が搬送−近ツー(時事通信)
<ダイキン工業>空気清浄機87万台回収 発火8件(毎日新聞)
井上ひさしさん死去 作家、小説「吉里吉里人」 75歳(産経新聞)

名張毒ぶどう酒事件 惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)

 集落は田んぼや茶畑に囲まれた静かな山すそにある。「名張毒ぶどう酒事件」から丸49年となる今年3月28日、事件の舞台となった三重県名張市の葛尾地区を訪れた。市中心部から北西に約5キロ。桜並木はまだつぼみのままだった。「あまり思い出したくないね」。事件について、地元の住民は言葉少なだ。現場は当時と一変、外部からの訪問者に惨劇を思い起こさせる痕跡は見当たらなかった。【伊藤一郎】

 急な坂道を歩いて上ると目の前にゲートボール場があった。事件現場だった公民館は小高い丘の上にあったが、建物はかなり前に取り壊されたという。

 敷地の片隅に大きなムクの老木がそびえ、枝の下に黒い種が落ちていた。「ムクの種は羽子板の羽根の重りになる。この木は、事件の真相を見ていたかもしれないな」。近くにいた地元の区長、福岡芳成さん(61)が話してくれた。

 道を挟んで南側の広場の集合墓地に、犠牲者を慰霊する背の高い仏像がまるで多くの墓を見守るように立っている。その仏像の顔の向きと反対側。今は畑となっている場所に、かつて奥西勝死刑囚(84)の家の墓だけがポツンと離れてあった。今は家族の手で別の場所に移されたという。

 同じ日に現地を訪れていた奥西死刑囚を支援するグループが、仏像の前に供養の花束を供えた。福岡さんはその様子を遠目に見ながらいらだつように話した。「遺体解剖が行われた場所を踏んでいることも知らないのに、事件の何が分かる」

 墓地がある丘の下には以前、奥西死刑囚の家があった。その家から現場までは、歩いて1分足らず。隣には、奥西死刑囚が公民館に運ぶぶどう酒を取りに行った当時の地区会長の家が今もある。数分で歩き回ることのできる範囲内で、日本中を騒がせた事件が起きたとは想像できない。

 近所の女性に話を聞いた。「事件の日は毎年、地域で集まって供養していたが、十三回忌でやめてしまった」。別の女性は「事件後は公民館に寄るのも怖かった」という。「忙しいから、そんな話しゃべっちゃおれん」。ある男性は目をそらし問いかけを遮った。記者が来なければ、この日が事件当日だと思い出すこともないのにと感じているようだった。

 県境をまたぎ、奈良県側に出ると、視界が広がった。眼下には奥西死刑囚が「農薬の瓶を捨てた」と「自白」した名張川が見えた。

 最高裁は5日付の決定で、混入農薬について疑問を示し名古屋高裁に審理を差し戻した。発生から半世紀近く。惨劇の痕跡は消えても、住民たちは事件の記憶をぬぐい去ることはできない。

 【ことば】名張毒ぶどう酒事件

 61年3月28日、三重県名張市葛尾の公民館で開かれた住民の懇親会で、農薬入りぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、12人が重軽傷を負った。「妻と愛人との三角関係を清算しようとした」と供述した奥西死刑囚(当時35歳)が殺人容疑などで逮捕されたが、起訴直前に全面否認に転じた。1審津地裁は無罪、2審名古屋高裁は逆転死刑、最高裁(72年)で死刑が確定。高裁は第7次再審請求審(05年)で再審開始を決めたが、異議審で取り消した。

【関連ニュース
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
社説:毒ぶどう酒事件 一刻も早い審理が必要

<春の嵐>首都圏の交通乱れる 朝のラッシュ帯直撃(毎日新聞)
連携全く考えず=与謝野氏ら「新党」で−菅副総理(時事通信)
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」(産経新聞)
<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)
<普天間問題>沖縄県内移設に反対…国会前で座り込み(毎日新聞)

NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)

 【ニューヨーク=松尾理也】米ニューヨーク・タイムズ社は24日、同社の傘下にある国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に掲載されたシンガポールのリー・シェンロン首相らをめぐる記事に問題があったとして、同首相や、父親のリー・クアンユー同国元首相らに謝罪したことを明らかにした。ロイター通信によると、同社は16万シンガポールドル(約1千万円)を支払うという。

 問題になったのは、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に定期的に寄稿している評論家フィリップ・ボウリング氏が執筆した2月15日付の記事。謝罪文によると、ボウリング氏は1994年、シンガポール政府との間で、シェンロン氏が首相の地位を得たのは父親のクアンユー氏の縁故によるものであると書いたり、ほのめかしたりしないとの合意を行っていた。にもかかわらず、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙記事は「シェンロン氏が実力で首相の地位を得たのではないと推測させるような内容を含んでいた」とした上で、「そうした推測は本意ではなく」、シェンロン氏やクアンユー氏に謝罪する、としている。

【関連記事】
「26日に米露首脳が電話会談」と米紙 新核軍縮条約で
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い
急加速の原因はブレーキとアクセル踏み間違え NYタイムズ紙で大学教授指摘
選挙の覚悟 シンガポール
中国のインド洋進出を警戒せよ

<東九州道工事>橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
タクシー運転手が酒気帯び=乗務中、警察官に体当たり−公務執行妨害容疑で逮捕(時事通信)
もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書(産経新聞)
児童にセクハラ、教諭を懲戒免=富山(時事通信)
<放火3人殺害>29歳女に無期懲役 さいたま地裁判決(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。